So-net無料ブログ作成
検索選択

 2016 キャロットクラブ 募集馬 関東編 [キャロットクラブ2016募集]

 カタログ到着まで、まだ日もありますので、血統面と価格から、今後の戦略も兼ね、ざっとした考察をしていきたいと思います。

まずは関東

ディープインパクト産駒の4頭は、種付け料の高騰もあり、まあこんなものかという印象。
しかし、ウルトラブレンドで1億とは・・・米G1複数勝ちクラスの母で、ようやく1億超えがほんの2,3年前でしたが。
クリソプレーズの牝馬で7000万も高いですが、去年のエリティエールが6000万ですからね、時期的にも株価天井というところでしょう。
ガヴィオラは兄弟の成績無視ですね・・・高齢にさしかかり、この価格での募集は・・・

キングカメハメハは、ラドラーダがまさかの1000万上昇(笑)
全兄の人気を見れば満口はまず間違いないですが、ディープの近親とはいえ、シンクリの短距離馬の母で7000万・・・
ディアデラノビアも牝馬で5000万、これはキ〇テツ厩舎でしょうか?

ハーツの牡馬3頭も高いの一言。
高齢になりつつあるリッチダンサーが6000万で、牡駒の実績の無いジンジャーパンチはなんと7000万。
それより驚いたのが、バロネスサッチャークラスで4000万をつけてくるとは・・・

新種牡馬オルフェーブルとロードカナロアは将来のリーディングサイアークラスの活躍を期待されてはいますが、まだ未知数でこの値付けはやはり割高感があります。
クルソラの4000万は出来次第で大いに興味がありますが、×持ち抽選でしょうね。

ノヴェリストとエイシンフラッシュは、種付け料と募集価格が逆転している感じですね。
やはりノヴェリストは厳しいと踏んでいるのでしょう。
エイシンフラッシュは、もう少し割安だったらいってみたかったのですが。

シェルズレイは募集で喜びましたが、キンシャサの牝馬で2400万は割安感無し。

ステイゴールドは高齢のキューが3600万で、スプリングシーズンⅡが2400万は出来に理由がありそうですね。

ブリランテとホマレボシのディープ種牡馬産駒の2頭も、種付け料のわりに高すぎです。

そして、もう見切りをつけられかけているハービンジャー、高齢のアドマイヤーサンデーの牡馬が4000万。
ハービンジャー産駒で4000万稼げる馬は何%でしょうか?

その他の面々も割安感のある募集馬は皆無ですね。

クルソラ・スプリングシーズンⅡが第一印象では候補という感じです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。