So-net無料ブログ作成
検索選択

 2016 日本ダービー [2016 競馬全般]

 いよいよ明日は、2016年東京優駿(日本ダービー)です。

空前絶後の、ハイレベルの混戦と言われた今年度の牡馬クラシック戦線も、明日でついに決着となります。
競馬を見るようになって、多少競馬熱が冷めた時期でも、ダービーは欠かさず観続け、その回数もそろそろ20回に届きそうですが、その中でもこれほど混戦で、盛り上がっているダービーは無かったかと思います。

同じく大混戦で盛り上がった皐月賞は、戦前3強と言われた馬達をディーマジェスティが完封し、一気に主役に躍り出ましたが、ほぼノーマークだった前走とは違い、今回はマークもキツくなると思われ、簡単にはいかないでしょう。

自分の本命はサトノダイヤモンド。前走坂のある中山コースでは伸びきれませんでしたが、あの瞬発力は東京でより活きるでしょう。
対抗はマカヒキ。距離適性でサトノダイヤモンドが有利かなとの判断です。
その下が本番と同じ舞台の青葉賞で素晴らしいパフォーマンスを見せたヴァンキッシュランと、皐月賞馬ディーマジェスティでしょうか。
皐月賞馬に少々失礼な評価ですが、前走は全てがハマった感が強く、一世一代だった感は否めません。

と、4頭のディープインパクト産駒と、全く面白みが無いですね・・・本来リオンディーズを応援したいのですが、皐月賞の引っかかりを見ると、やはり2400は・・・
しかし、兄のエピファネイアは、引っかかりながら、絶対能力で菊花賞やJCを圧勝していますし、本当に困った一族ですね(笑)

本当に楽しみな明日の一戦ですが、東京の超高速馬場の弊害か、近年ダービーの後に骨折する馬が非常に多いのが気になりますね。
全馬無事に、生涯唯一の舞台を走り切ってほしいと思います。




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

 500万以下条件戦 [一口全般]

 華やかなダービー開幕週にあまり似つかわしくないテーマだとは思いますが、あえてこの時期に書きたいと思います。

自分が一口馬主を始めて、最も印象が変わったレースが、500万以下条件戦です。

このレース、競馬場に足を運んだ時、かなり熱心な競馬ファンでも、出走馬は知らない馬ばかりで、新聞の予想にちょっとアレンジを加えて、メインまでの肩慣らし、という方がほとんどだと思います。
自分は、競馬場に行っていたころは、13時頃に競馬場に入り、未勝利戦・500万以下を軽く流して、メインレースの予想をし始めるというスタンスでした。
ダビスタのなどの競馬ゲームでは、初期の頃を除くと、出走すらしないようなレースでしたね(笑)

しかし、一口を始めてから、500万以下条件戦の印象は大きく変わりました。
500万以下条件戦に出ている馬たちはエリート達なんだと。

一口馬主は、出資するのは早ければ2歳の夏から秋にかけて、自分が出資しているキャロットクラブですと、90頭弱程の馬達が募集され、自分の出資馬と一緒に、その他の同期生達の成長の過程も見ていくことになります。
そうすると、1勝をあげて次のステップに進むことが、いかに難しい事かが、身に染みてわかります。

まずは無事にデビューすること。今期のキャロットの2歳馬でも、新馬戦の開幕を待たずして、すでに2頭がケガや病気で引退となっています。
体質等様々な理由で、デビューにこぎつけることなく、引退を迎える馬達も、残念ながら世代に数頭は出てしまいます。

そして厳しい競争の中に投じられますが、現在日本のサラブレッドの生産数は年間7000頭前後。
対してJRAのレース数は年間3000強程とのことです。
1世代7000頭、2歳から10歳以上まで格世代がいる中で、少ないパイを奪い合うわけです。
馬主ランキング上位の常連となったキャロットクラブも、勝ち上れる馬は世代の半分いるかいないかになります。

ちなみに、これまで自分の一口で出資した馬達でデビューした馬は5頭で、そのうち勝ち星をあげた馬はわずか1頭です。
勝ちあがれなかった4頭は、いずれも3着以上の競争実績がありましたが、勝てなければ意味は無し。未勝利戦が終われば、引退か地方転厩かの選択を迫られます。

このような過酷な競争の中で、勝ち星をあげられた馬だけが、競争の世界に残ることが許される、ここにいるのはそういう馬達なのだと思いながら、パドックを見るようになりました。

1勝は尊い。一口馬主の始めて、もっとも強く感じさせられたことです。




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

サトノアーサー [POG]

 ディープ牡馬で1、2の注目度を誇るサトノアーサー。

父ディープインパクト 母 キングスローズ 母父リダウスチョイス 

母はオーストラリアニュージーランドなど、南半球で活躍した馬で、サトノアーサーは、母7歳時の初仔になります。
母父リダウスチョイスは名種牡馬デインヒル産駒で、日本では現役で活躍中のフルーキーなどがいます。
また母系はヌレイエフに米古馬チャンピオンマニラ、リヴァーマンなど、一般にディープと好相性と言われている血統ではありませんが、なかなか奥が深そうです。

名門池江厩舎所属で、あの里見オーナーがセレクトセールで1億9500万で落札、この世代の2歳馬で、最も期待している馬と語っているとのことです。
馬体は黒光りして、グッドルッキングホースですね。
初仔ということもあり、それほどサイズはないと思いますが、1つ上のサトノダイヤモンドのように、すんなりクラシック戦線に乗ってくるでしょうか。

いい馬に見えますが、母が未知数な初仔ですからね・・・
走る要素はもちろんたくさんありますが、自分なら実績のある母の仔を狙いたいところです。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

 フローレスマジック [POG]

 ダービー週ということで、POG指名もいよいよ佳境・・・
個人的に注目している2歳馬について考察したいと思います。

フローレスマジック 牝 父ディープインパクト 母マジックストーム 母父ストームキャット

母マジックストームはディープとニックスと言われるストームキャット産駒、血統表には母系に入ると非常に活躍馬を出す、ミスプロ系のフォピアノの名前がなり、ニジンスキーの血もあって、底力もありそうです。

サンデーレーシングで6000万で募集 美穂木村厩舎

POG本での扱いでも、今期のディープ牝馬中1.2位の評価を受けている馬です。
全姉はエリザベス女王杯勝ちのラキシス、全兄はサトノアラジンと超良血。
同じく全兄のサトノケンシロウがイマイチですが、本馬はどうでしょう?
馬体はいかにもディープ牝馬という感じで、これで瞬発力が無いということはないでしょうね。
牝馬としては、そこまで小柄でもありません。

兄弟を見ているとやや晩成傾向でPOG的にどうかということと、母15歳時と高齢出産で体質が心配でしたが、もう入厩間近ということで、その辺あまり心配なさそうです。

個人的にもっとも引っかかるのは、キムテツ厩舎ということ・・・
このレベルの馬を預けてしまうとは・・・さすがに社台もやりすぎではないでしょうか?
もう少し実績を残してからでもいいと思います。

非常に魅力的な馬なのは確かですが、厩舎等の不安から、自分は指名するかは微妙です(笑)



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

エリティエール POGの評判は? [エリティエール]

 出資馬、エリティエール(ジンジャーパンチ14・父ディープインパクト
2016~2017POGも、いよいよ申し込み時期が迫っており、一世一代の大勝負として、募集価格6000万で申し込んだエリティエールですが、数冊読んだPOG本の中での扱いは正直・・・?

どちらかというと、自分が一般で落選した、ミリッサ(シンハリーズ14・父ダイワメジャー)の方が評価が高いですね・・・
この手の人気は、どうしても直近の兄弟の活躍や、現役時に実績のある母の初仔などの評価が高くなりがちですが、みなさん~まだ半姉ルージュバックはG1戦線で活躍中です、忘れるのは早いですよ~(笑)

さて、ここまでのエリティエールですが、小柄な馬ですので心配だった、健康面の不安が出ていないのは何より。
予想通り、成長はゆっくりのようで、移動は秋。デビューは冬~来年頭辺りになりそうです。
動きも特に評判になるようなレベルではありませんが、ハロン15の調教を順調にこなしており、映像を見る限り、ディープ産駒らしい瞬発力が見られそうな走りだと思います。
先日のオークスを勝ったシンハライトも、420台の小柄なディープ産駒であり、親ばかは承知で、来年のオークスは是非期待したいものです。

全兄のケイブルグラムが初勝利を上げたことも心強いですね、ダートですが(笑)関係者の方達、口を揃えて、牝馬の方が走る母と言っていますが、果たしてどうなるでしょう・・・

POG本では、母が欧州のG1勝ち、重賞馬などのディープ牝馬達が多くカラー見開きで紹介されていましたが、こちらは母BCディスタフ勝ち馬です!
是非評価をひっくり返す活躍をお願いします。

というか、彼女が活躍しないと、そろそろ本格的にヤバい(笑)

POGの達人 完全攻略ガイド 2016~2017年度版 (光文社ブックス 121)

POGの達人 完全攻略ガイド 2016~2017年度版 (光文社ブックス 121)

  • 作者: 須田鷹雄
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2016/05/09
  • メディア: ムック



2016~2017年 最強のPOG青本 (ベストムックシリーズ・14)

2016~2017年 最強のPOG青本 (ベストムックシリーズ・14)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ベストセラーズ
  • 発売日: 2016/05/06
  • メディア: ムック



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

 2016 オークス シンハライト 優勝 [2016 競馬全般]

 今年のオークスは、1番人気のシンハライトが、最後の直線、ディープインパクトらしい瞬発力を発揮し、最後はチェッキーノとの競り合いを制して、見事樫の女王の座につきました。

最後の直線、池添騎手のいつぞやを思い出す(笑)斜行はありましたが、有力馬は力を出し切った見ごたえのあるレースだったと思います。

シンハライトは本質的にマイルよりも中~長距離の方が力を発揮すると思われ、秋の牝馬戦線はもちろん、JCなどの大舞台でも期待できそうですね。
今のところ、特に体質の弱さを見せてはいませんが、母シンハリーズの産駒達の最大の弱点は故障であり、関係者の方達の重圧は大変なものと思いますが、ぜひ無事に夏を越してほしいものです。

さて、シンハライトはキャロットクラブの所属馬で、その血統から募集時、非常に人気が高く、自分も注目していました。
まあ、最終的に2頭で迷ったあげく、ムーンクエイクを選んだので(前年×無し、落選でした)肝心なところであれな感じですが(笑)
また、半妹のミリッサ(父ダイワメジャー)は、POGでも非常に期待されていることが伺え、一般抽選で落選したことが悔やまれます。
もう、シンハリーズの産駒に出資するのは、かなり厳しくなってしまいました。
縁があれば、ぜひ産駒に出資したいものです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

 エイシンエルヴィン モントルトゥー賞 勝利 [2016 競馬全般]

 先日イスパーン賞を圧勝した、エイシンヒカリの帯同馬として、欧州遠征していたエイシンエルヴィンが、フランスの準重賞、モントルトゥー賞を勝ったとのことです。

日本では、きさらぎ賞3着の実績はあるものの、1000万条件でくすぶっていた同馬ですので、改めて日本の芝中距離路線のレベルの高さが伺えますね。

とはいえ、エイシンエルヴィン、血統を見ますと。

父シャマルダル(その父ジャイアンツコーズウェイ) 母父モンズン(母系には、ズルムーやシャーリーハイツなど

なぜ日本で走っていたのでしょう(笑)単純に欧州競馬への適正が高かった可能性もありますね。

この後はクイーンアンステークスの予定とのこと。
欧州版安田記念といえ、前年はソロウ、かつては怪物フランケルや女傑ゴルディコヴァら、超一線級の強豪マイラー達が集まるレースで、さすがにここは厳しいでしょう。
近年、欧州でもスピード競馬化は進んでいるようで、長距離戦線の格の高さは変わりませんが、種牡馬としては、マイル~中距離路線で優秀な成績を残した馬の方が、重宝されるそうです。
確かに、ハービンジャー・ノヴェリストら、キングジョージを勝つような長距離方は日本に売ってくれましたが、マイルのトップクラスの馬たちは、現地で種牡馬入りしていますね・・・それだけにマイルトップを決めるこのレースは欧州のトップ達が引退後のことも考え、全力で挑んでくると思われます。

ちなみにエイシンエルヴィンの勝ったモントルトゥー賞、準重賞ですが、賞金2万6000ユーロ
日本円換算で320万円ほどだそうです。
日本のこの時期の未勝利戦より安いですね、日本では新馬戦など、700万の賞金です。

改めて日本の競馬がいかに賞金面で恵まれているかがわかります、欧州の一流ジョッキーが短期免許で日本に来たがるのも当然ですね。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

 2016 イスパーン賞 エイシンヒカリ 圧勝 [2016 競馬全般]

 エイシンヒカリが、今期初戦となる初の欧州での一戦で、フランス伝統のG1、イスパーン賞を10馬身差で圧勝しました。

道中2番手からという、これまでの同馬からはちょっと不吉な道中でしたが(笑)
直線に入ってからは、スピードのレベルが違いましたね。やや重馬場は不安でしたが、それも関係ありませんでした。

しかしイスパーン賞・・・懐かしいですね、99年エルコンドルパサーも、欧州遠征の初戦に選び、クロコルージュの2着でした、時の流れを感じます。
このレースは凱旋門賞を頂点とする欧州古馬戦線の初戦ともいえ(近年は、ドバイ香港で走る欧州の一線級も多いですが)有力馬が目いっぱいの仕上げでくるレースとは言いがたいですが、そこはエイシンヒカリも同じであり、この強さは素直に脱帽でした。

エイシンヒカリはそのド派手なレースぶりから、サイレンススズカの再来とも言われますが、一方で逃げ馬にありがちな脆さも併せ持っており、特に昨年の秋の天皇賞など、日本の中距離トップ戦線では、あのレースぶりは通じないとも言われていましたが、昨年末の香港、そして今回の圧勝劇と完全に一皮むけた感じです。
5歳馬ですが、まだキャリア12戦ですし、エルコンドルパサーのように、遠征中に調子を上げていくことも十分考えられます。

この後はプリンスオブウェールズステークスの予定とのことで、凱旋門賞の前売りで1番人気になったとの情報もあります。

自分は日本の芝中距離路線のレベルは世界一だと考えており、エイシンヒカリがそれを証明してくれることは素直にうれしいですね。
また、この活躍で、前年同馬を負かした、日本の古馬の強豪たちにも是非注目が集まってほしいと思います。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

 2016 ヴィクトリアマイル ストレイトガール優勝 [2016 競馬全般]

 今年の春のマイル女王決定戦、ヴィクトリアマイルは、前年度の覇者、ストレイトガールが直線抜け出して完勝。
タイムは1分31秒5のレースレコードでした。

前年度の覇者で、昨年度はG1・2勝とはいえ、7歳牝馬。しかも前年の香港スプリント後に引退宣言して、その後撤回、今年初戦は惨敗の後、このパフォーマンス
異能の名馬ですね、今後もなかなか現れるものではないでしょう。
明らかに前年以上の強さですからね・・・

ミッキークイーン、ショウナンパンドラのディープ牝馬2頭も、決してベストではないマイル戦としては、良いレースぶりだったと思います。宝塚記念は豪華メンバーになりそうで、楽しみです。

この後はスプリンターズステークスになると思いますが、ビッグアーサーとのスプリント頂上決戦が楽しみです。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

 2016 NHKマイルカップ [2016 競馬全般]

 明日、東京メインでは、3歳春のマイル王決定戦、NHKマイルカップが行われます。

前走桜花賞で圧倒的人気ながら4着に敗れたメジャーエンブレムは、予想通りオークスではなく、こちらに回ってきました、人気になることは間違いなく、クイーンカップの勝ちっぷりから、東京マイルの舞台では最有力なのは間違いありませんが、前走の負け方は良くなかったですし、絶対とは言えないでしょう。

さらに2番人気になりそうな、ロードクエストもこれまた分かりずらい(笑)左回りで長い直線なので、皐月賞よりは向いているのは確かでしょう、巻き返しなるでしょうか?

3連勝中のトウショウドラフタは、父アンライバルドに初の重賞勝ちをプレゼントした孝行息子、さらにG1勝ちを送ることになるでしょうか。

安定感のあるティソーナ、2歳時に大物と騒がれ、前走は共同通信杯でスマートオーディンの2着のイモータルチャンスは十分でしょう。
キンシャサノキセキ産駒、シュウジも勝てば父にとって初のG1勝ちになります。

さて、メジャーエンブレムがここに来たことで、一応の体裁は保てた感じですが、やはりこの春のマイル戦、G1に相応しいかは疑問と言わざるを得ませんね。
3歳の一線級はダービーに向かうため、調整中ですし、ダービー出走権が欲しい馬達も忙しいマイル戦が本番で好影響を与えるはずもありませんから、ここには出てきにくい・・・

結果このレースの勝ち馬は、その後G1馬という称号が恥ずかしくなるほどの競走成績で終わる馬が多数です、もう何年も前からそういった声が上がっていますが、このような谷間になる時期のレースがG1というのはどうなのでしょうか?
JRAには、格を保てるよう、無駄なG1は増やさないよう、お願いしたいところです。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。