So-net無料ブログ作成

 ムーヴザワールド [POG]

 一口クラブリーディングの常連、サンデーレーシングの2014年産最高価格募集馬が、ムーヴザワールド(リッスン14)です。
総額1億5000万、40口クラブなので、一口375万と、自分には一生縁がなさそうな価格帯の馬ですが、世界的良血であり、兄弟たちも注目されている馬ということで、少し考察してみたいと思います。

父 ディープインパクト 母 リッスン 母父サドラーズウェルズ

父はリーディングサイアー、ディープインパクト、母は英でマイルのG1勝ちのある名牝です。
母父は欧州最強種牡馬だったサドラーズウェルズで、母系にはリヴァーマン、レイズアネイティブ、ボールドルーラーら、パワーとスピードに秀でた血が集まっています。
パワーとスタミナに優れた産駒の多いサドラーズウェルズ産駒にあって、マイルG1を制覇した母のスピードはこの辺から受け継いだものでしょう。

さて、まごうことなき、良血馬ですが、この馬が日本で活躍するかは、きわめて難しいところです。
サドラーズウェルズは、父としてはもちろん、母父としても、欧米での輝かしい実績と比べ、日本では寂しい結果に終わっています。
最大の長所である、スタミナとパワーが、現代の日本競馬においては、致命的な重さとなってしまっているのは、否定しがたいところです。

サドラーズウェルズの血はもちろん優秀であり、シーザリオやエルコンドルパサーら、母父として歴史的名馬も出しているのですが、本馬が1億5千万という、高額な募集額に見合う活躍ができるかは、なかなか厳しい道のりになると思います。

父ディープインパクトの瞬発力を残し、ひ弱さを補うような、ストームキャット・フレンチデピュティ辺りと比べると、サドラーズウェルズとの組み合わせは、お互いの良さを消し合ってしまっているような印象を受ける、ここまでの産駒成績になります。

本馬の全姉タッチングスピーチは、G2ローズステークスを制し、この配合での一番の成功例となっており、期待したいところですが、全兄の方は、現在欧州で走っており、未勝利・・・
切れ味が出る牝馬と違い、やはり牡馬では重さが出やすいでしょうか。

馬体は非常に立派で520キロ程とのこと、バランスも中~長距離で走りそうですが、雄大な馬体は、やはり瞬発力の点で心配も残ります。
晩成の一族で、POG的には、やはり厳しい要素が大きいですね。

とはいえ、セレクトに出ていれば、2億を超えたであろう良血馬、爆発すればどんな大物にとの夢は持てますね、自分は指名しませんでしたが、今後を見守りたいと思います。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

 エイシンヒカリ 2016 プリンスオブウェールズステークス [2016 競馬全般]

 先日イギリス・アスコット競馬場で同レースが行われ、日本から参戦し、1番人気に押されたエイシンヒカリは最下位の6着という結果でした。

エイシンヒカリが負ける時はこんなものでしょう、強さと脆さが同居するのが、逃げ馬の、この馬の魅力でもあると思います。
レーティングで世界一位を獲得し、大きな期待の中のレースだっただけに残念ではありますが、今回は運がなかったということでしょう。

イギリス競馬は本当に日本馬にとって鬼門ですが、パワーが求められるコースで重馬場ということで、常識的にはスピード型の逃げ馬であるエイシンヒカリには厳しい条件だったのでしょう。
しかし、前走重馬場のイスパーン賞での圧勝を見れば、今回の一番の敗因は、アスコット競馬場のタフなコースだったように思います。

今回の結果から、イギリスの中距離路線は少々難しくなった感がありますね、フランス・アイルランドなどの秋の中距離路線、もしくはマイルを歩むことになるのでしょうか?
ムーランドロンシャン賞なども選択肢に入れてもいいと思いますね。

今回は残念な結果に終わりましたが、同馬にはまだまだこの先大きな仕事をやってのける可能性があると思います、まずはタフなレースを終えた後なので、ケガの無い事を祈ります。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

 2016 マーメイドステークス リラヴァティ優勝 [2016 競馬全般]

 先日の阪神メイン、マーメイドステークスで、リラヴァティが22戦目にして、待望の重賞制覇を果たしました。

牝馬クラシック戦線も走った、素質馬である本馬。5歳の夏での重賞制覇は万感の思いでしょう、出資者の方々、本当におめでとうございます。
東京のメインと合わせてキャロットクラブ馬のダブル重賞制覇でした。
自分は長らく勝ち星すら無いのですが、少しでもあやかりたいものです(笑)

リラヴァティは父ゼンノロブロイ 母シンハリーズで、今年のオークス馬、シンハライトの半姉になります。
去年のキャロット募集で、ダイワメジャー産駒の半妹、ミリッサに出資申し込みし、可能性があったにも関わらず落選したのですが、これでもうシンハリーズ産駒への出資は絶望的かもしれませんね・・・
下手をすると、キャロットで募集されるかも心配です(シンハリーズはキャロットの基幹牝馬の1頭になりつつありますが、トゥザヴィクトリーがそうであるように、キャロット出身の母優先の牝馬ではありません)
まあ、人気を大いに吸ってくれるでしょうから、自分の好みに合う、地味目の血統馬と縁があればと今年は考えています。
前年落選実績もありませんので。

話は戻りますが、母シンハリーズは本当に素晴らしいですね。ゼンノロブロイは種牡馬として、すでに風前の灯火ですが、リラヴァティといいアダムズブリッジといい、シンハリーズは瞬発力をしっかり遺伝させてくれました。
返す返す、その父シングスピールが日本に輸入されていればと思ってしまいます。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

 2016 エプソムカップ ルージュバック 復活勝利 [2016 競馬全般]

 日曜の東京メイン競走エプソムカップで、ルージュバックが昨年のきさらぎ賞以来の、復活勝利を果たしました。

長かったですね、出資者の皆さん、本当におめでとうございます。
きさらぎ賞の勝ちっぷりから、牝馬クラシック戦線の主役はもちろん、ダービーや凱旋門賞出走も、話が出た程でしたが、それ以後どうにも歯車がかみ合わず、力はあるのは分かっていながら、勝ちきれないレースが続いていました。

特に牝馬は、一度調子を落とすと戻らないことも多く、2歳~クラシックの頃は天才・怪物と言われながら、その後ひっそり引退する馬も多くいます。

今回のエプソムカップは安田記念と宝塚記念の間のG3競走ということで、かつてのルージュバックからすれば物足りない舞台だったかもしれませんが、今回の勝ちっぷりは、強い彼女の姿が、また見られたことが大きかったと思います。
直線の抜き出すときの迫力は、ディープ産駒の切れ味とはまた違った、パワーを感じる爆発的なものがあり、ちょっと前脚を高く上げ、地面を叩き付けるような走りは、往年の名馬、グラスワンダーを思い出し、自分はとても好きです。

かつてファインモーションという、怪物級の牝馬がいましたが、破竹の勢いでG1を勝った後、有馬記念で負けてから、すっかり普通の馬になってしまったことがありました。
それ以降、G1での好走も重賞勝ちも2つある馬を、普通の馬などとは言ってはいけませんが、かつての先行から後続をちぎり捨てる、圧倒的強さを知っているファンからは、晩年の重賞2勝は後続に詰められの辛勝であり、寂しさを感じたのです。

重すぎる十字架かもしれませんが、ファンにこんなことを思わせるスター性のある馬というのは、本当にごくわずかです。
秋の大舞台、ルージュバックに似合うのは、主役の座しかないと思います。

そして、妹である出資馬、エリティエールの活躍もますます楽しみになってきました。
移動の気配はこれっぽっちもありませんが(笑)
焦る血統ではありませんが、秋頃にはゲート試験くらいにはいってほしいものです。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

 ラニ 米3冠戦を終えて [2016 競馬全般]

 先日、米3冠の最終戦、ベルモントステークスが行われ、日本から参戦していたラニが、3着と健闘を見せ、米3冠皆勤を果たしました。

ひと月強の、短期間に行われる過酷な3冠戦を、全て走り切っただけでも素晴らしいですが、9着→5着→3着と着順を上げてきたわけですから、恐れ入ります。

芝のレベルに関しては、サンデーサイレンス導入以後、世界でも最高峰の水準にあると思われる日本競馬ですが、ことダートに関しては、アメリカとの差は決定的と思われていた中、大健闘でした。

ベルモントステークスでの健闘は、ラニの距離適性もあったでしょうが、一発勝負ではなく、アメリカに長期滞在したうえで、3冠戦に腰を据えて挑んだ点が大きかったと思います。
かつてBCに参戦したエスポワールシチーや、古くはタイキブリザードら、万全の状態で迎えられていればと思う馬達も多かったですからね。

この3戦だけで、日本のダート競馬のレベルが上がったと考えるのは早計ですが、ラニの日本時代の力関係を鑑みて、楽しみな馬達はたくさんいます。
日本のダート界を盛り上げる意味でも、今回のラニの遠征・健闘は喜ばしかったと思います。
砂のゴールドシップかというような、白い馬体と激しい気性(アメリカではゴジラと言われているそうですw)とタレント性も抜群ですので、チャンピオンズカップ、年末の東京大賞典など、参戦してくれば、ここ数年にない盛り上がりが期待できそうです。

そして、天皇賞馬、ヘブンリーロマンスに米リーディングサイアー、タピットを配合するという、世界で活躍する馬を作るという、ノースヒルズの信念には、改めて感服します。
今年の結果は、必ず今後に活きるものだったことでしょう。

最後にラニの本当に素晴らしい走りに、敬意を表します。
まずは休養して、ゴールドシップのように息の長い活躍で、日本ダート界を引っ張っていってほしいと思います。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

アイルハヴアナザー [種牡馬]

 今年の新種牡馬の中でも異色であり、注目度の高い種牡馬はこの馬でしょう。
社台グループの馬ではないためか、米二冠馬の割には話題になっていませんが、サンデーサイレンスの血が飽和状態の日本で、サンデーの血が入っていない大物というだけで大注目です。

社台は、最近比較的欧州の馬の輸入が多いように感じますが、米二冠馬である本馬はどうなるか、考察していきたいと思います。

父 フラワーアレイ 母アーチズギャルエディス 母父アーチ

生まれた時の評価は決して高くなかったようですが、サンタニアダービーから、ケンタッキーダービー、プリークネスステークスの二冠を制した一流馬です。
ベルモントステークスの前に故障し、惜しくも3冠はなりませんでしたが、通算7戦5勝の成績を残しています。

引退後は、ビックレッドファームで種牡馬入りとなりました、購入金額は1000万ドル(当時のレートで8億程)だったそうです。

デビュー前の低評価、競争成績と、サンデーサイレンスと被る要素が多いですね(笑)なんとなく期待してしまう気がわかります。

血統を見ていくと、父フラワーアレイはトラヴァーズステークス勝ちがあるものの、一流半といったところ、産駒もアイルハヴアナザー以外に目立った大物は見当たりませんが、本馬の母はトーセンラー、スピルバーグ兄弟の母です。
その父は米リーディングサイアーのディストーティドヒューマー、その父も名種牡馬のフォーティナイナーです。
サドラーズウェルズにダンチヒの名前もあり、なかなか奥のありそうな血統です。

母はクリスからロベルトに遡るアーチの産駒で、その母方はプレザントタップら、こちらは少々異系の血です。

ダンチヒのクロスがありますが、今の日本ではクロスが起きにくい血統であり、活躍の場は多そうです。
個人的には、ハービンジャーやノヴェリストよりも、本馬の成功の可能性が高いのではと考えています。

血統面の印象から、生粋のダートホースではなく、絶対能力でダートを走っていたのではないか?
父の近親に日本での活躍馬が出ている。
ダンチヒのクロスで強化されたスピードが、日本の競馬に向くのではないかという期待。

かなり希望的観測ですが(笑)今後の日本競馬発展のためにも、ぜひ活躍を期待したいです。
米の大物は、芝での実績が無い馬が多いので、当然当たり外れは大きく、社台グループではなくビッグレッドなので、相手の牝馬達の質も、多少疑問符はつきますが、300万以上という初年度の種付け料設定からも自信が伺えますね。

果たして初年度産駒達がどういう結果を出してくれるか、キャロットクラブ会員の自分が産駒に出資する機会はなさそうですが、注目しています。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

 2016 安田記念 ロゴタイプ 優勝 [2016 競馬全般]

 今年の上半期マイル王決定戦、安田記念は古豪ロゴタイプの復活勝利に終わりました。

やや少数頭数ではありましたが、海外G1を勝ち、凱旋したモーリス、リアルスティールをはじめ、粒ぞろいのメンバーの中、見事な逃げ切り勝利でした。

ロゴタイプはG1、2勝馬ですが、勝利はなんと2013年の皐月賞まで遡ります。
力のある馬なのは間違いありませんが、まさか勝つところまでは・・・というのが、正直な感想です。
近走、重賞でも上位にきているように、力があるのは間違いありませんが、瞬発力勝負では分が悪く、どうにも勝ちきれませんでした。
パワーのいる中山コースで好成績を残していることからも、東京のマイルG1で復活は予想外でした。

圧倒的1番人気だったモーリスは2着に敗れました。
この馬は、本質的には左回りはあまり得意ではないと思っています。
海外からの帰国初戦、スローペースでの引っかかりなどマイナス条件の中での2着ですから、十分にマイル王としての力は示したと思います。
今後は夏を休養し、秋に備えるとのこと、体質が強くない馬ですので、無理をしないでほしいですね。

2番人気のリアルスティールは大惨敗。
今回、自分はこの馬に期待していました(笑)マイル経験がないとはいえ、東京コースならと思っていたのですが・・・今後はどうなるでしょうか?

今年も荒れる安田記念は健在でした。
長い雌伏の時を耐え抜いた、ロゴタイプとスタッフの方々、おめでとうございました。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

 アルフレード 引退 [2016 競馬全般]

 本日キャロットクラブより、アルフレード号の引退が発表されました。

父シンボリクリスエス 母プリンセスカメリア 母父サンデーサイレンス

通算成績は16戦3勝で、2011年朝日杯フューチュリティステークスを勝ったG1馬です。

ダービー後に屈腱炎を発症し、2年近くの休養を経ての復帰。
その後昨年は復活して、重賞戦線で活躍、昨年の秋から休養し、復帰予定のエプソムカップを目前に控え、再びの脚部不安で、無念の引退となりました。

アルフレードはエピファネイアが出るまで、父シンボリクリスエス産駒唯一の芝G1勝ち馬でした。
デビュー時から530キロあり、晩年には560キロ近い雄大な馬体でしたが、ズブさに悩まされる産駒の多いシンクリ産駒にあって、大きな身体に似つかわしくない、瞬発力が武器でした。

また同馬は、現在自分がサフィロスでお世話になっている、美穂の手塚先生に初G1制覇をもたらした馬で、特別な思い入れのある1頭だと思います。

そして、キャロットクラブという枠組みで見たとき、アルフレードは2009年度産の1頭として、2400万の価格で募集されていますが、この世代の募集馬達を見ると、時代が変わったなと感じます。
現在ノーザンファームは、中心のサンデーレーシングは、いまだに別格の存在とはいえ、傘下のキャロット・シルクにも、それぞれ毎年目玉となる超良血高額馬を数頭入れてきますが(最近でいえば、1億超えのディープ産駒や、シーザリオやトゥザヴィクトリーの仔ら)ほんの数年前までは、本当に本家のサンデーレーシングのアウトレット的存在だったんだなと感じる募集馬のレベルの差です。

アルフレードのように、価格が安くてもG1を勝つような馬が出て、段々と会員数も増え、良血有力馬の募集も増えてきたということですね。
同馬は血統面の需要から、種牡馬入りできるかは微妙なところですが、雄大で黒光りする馬体(いちおう鹿毛らしいですが)から、誘導馬などでは、人気になるのではないでしょうか?
幸せな余生が送れることを願います、お疲れさまでした。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

 2016 ダービー マカヒキ優勝 [2016 競馬全般]

 少々間隔が空いてしまいましたが、空前レベルの大混戦と言われた今年のダービーは、マカヒキの優勝で幕を閉じました。

最後の直線は大接戦、勢いでは勝っていたと思えたサトノダイヤモンドを、わずかハナ差抑えての、栄冠でした。
非常に見応えのある、いいレースだったと思います。上位馬を見ても、実力馬達がしっかり力を出し切った、一戦だったのではないでしょうか。

勝ったマカヒキは母父フレンチデピュティのディープ産駒で、ショウナンパンドラと並ぶ、傑作例ですね。
気性的にも堅実で、パワーも備えて中山もこなしますので、年末の有馬記念などドゥラメンテと対決になればどちらに軍配があがるか、夢が広がります。
また、欧州の芝もこなしそうな印象がありますね。

2着サトノダイヤモンドは、落鉄の不運もあったとのことで、能力的には勝ち馬にも勝っていたと思います。
直線での瞬発力・伸びでは、世代最強でしょう。
この馬の場合、坂のある中山コースなどでは、末脚が一枚落ちる印象です。
ここにきてもなお、潜在能力を出し切っていないような、奥の深さを感じてしまう馬で、秋以降も本当に楽しみです。
JCでもう一度マカヒキとの対決を見たいですね。

3着ディーマジェスティは、やはり皐月賞のようにはいきませんでしたね、上位2頭とは力の差を感じたレースではありましたが、この馬もまだまだキャリアが浅く、どのように成長していくか注目です。

応援していたリオンディーズは5着、菊花賞はなさそうです・・・行きたがる気性はいかんともしがたく、秋はマイル路線もありえるかもしれませんね。

今回のダービー、上位3頭がディープインパクト産駒、東京2400という、瞬発力が最大の武器となる舞台では、もはやディープ産駒の独壇場だということが、如実に出ています。
また、今回出走18頭、前頭がサンデーサイレンスの血を持っていますが、うちディープインパクト産駒は6頭です・・・
さすがにどうでしょうか(笑)日本競馬の将来のためには、そろそろそれ以外の血の奮起も期待したいですね。

サトノダイヤモンドの里見オーナーは、あと一歩でG1制覇、しかもダービーオーナーの称号を逃しました。
高額馬を多数落札しながら、勝利にはイマイチ恵まれていませんでしたが、今年の勢いからここは念願の達成かと思いましたが、惜しかったですね。

一方金子オーナーはダービー3勝目。なんというか、この方はもはやダビスタのレベルですね・・・あとは勝っていないG1を探す方が、というレベルで。
今年デビューの2歳馬には、米最強種牡馬のタピット産駒らもおり、日本のみならず、アメリカダート界にも進出でしょうか?
今年の2歳馬も、同オーナーの持ち馬には、要注目です。

最後に、東京2400の高速馬場、生涯1度の大舞台ということで、レース後の故障が毎年非常に多いのですが、幸い現時点では、出走馬に故障は発表されていません。
みな、無事にこの大舞台を終えられて、本当に良かったと思います。
素晴らしいダービーをありがとう!!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

 スピアザゴールド 復帰戦 [現役愛馬]

 今週土曜東京開催の3歳未勝利、ダート1600Mで、いよいよ出資馬唯一の稼働馬、スピアザゴールドが復帰します。
3ヵ月の休み明け。前走3着と健闘していたことを考えると、間が空きすぎた感は否めませんが、その分ここは確勝を期待しています。

気性難が常に付きまとう馬であり、その影響で調教も難しく、続戦につながらない面もありますが、なんといっても、すでに3歳の6月、未勝利戦終了までタイムリミットは少なく、何としてでも勝ち上がりを期待したいところです。

東京ダートマイルはすでに好走実績があり、鞍上はルメール騎手と久々でも舞台は整ったと思います。
調教では難しさを見せても、レースでは比較的真面目に走る馬で、近走で癖を掴んでくれている大野騎手は乗れませんが、名手の手腕で一発目から結果を出してほしいです。

しかし、稼働馬1頭だと、出走感覚も空きすぎて、馬主気分も希薄になってしまいますね(笑)
サフィロスの復帰は年末、エリティエールのデビューもその頃になりそうで、まだしばらく我慢の時になりそうです。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。