So-net無料ブログ作成

 2016 キャロットクラブ 募集馬 関東編 [キャロットクラブ2016募集]

 カタログ到着まで、まだ日もありますので、血統面と価格から、今後の戦略も兼ね、ざっとした考察をしていきたいと思います。

まずは関東編

ディープインパクト産駒の4頭は、種付け料の高騰もあり、まあこんなものかという印象。
しかし、ウルトラブレンドで1億とは・・・米G1複数勝ちクラスの母で、ようやく1億超えがほんの2,3年前でしたが。
クリソプレーズの牝馬で7000万も高いですが、去年のエリティエールが6000万ですからね、時期的にも株価天井というところでしょう。
ガヴィオラは兄弟の成績無視ですね・・・高齢にさしかかり、この価格での募集は・・・

キングカメハメハは、ラドラーダがまさかの1000万上昇(笑)
全兄の人気を見れば満口はまず間違いないですが、ディープの近親とはいえ、シンクリの短距離馬の母で7000万・・・
ディアデラノビアも牝馬で5000万、これはキ〇テツ厩舎でしょうか?

ハーツの牡馬3頭も高いの一言。
高齢になりつつあるリッチダンサーが6000万で、牡駒の実績の無いジンジャーパンチはなんと7000万。
それより驚いたのが、バロネスサッチャークラスで4000万をつけてくるとは・・・

新種牡馬オルフェーブルとロードカナロアは将来のリーディングサイアークラスの活躍を期待されてはいますが、まだ未知数でこの値付けはやはり割高感があります。
クルソラの4000万は出来次第で大いに興味がありますが、×持ち抽選でしょうね。

ノヴェリストとエイシンフラッシュは、種付け料と募集価格が逆転している感じですね。
やはりノヴェリストは厳しいと踏んでいるのでしょう。
エイシンフラッシュは、もう少し割安だったらいってみたかったのですが。

シェルズレイは募集で喜びましたが、キンシャサの牝馬で2400万は割安感無し。

ステイゴールドは高齢のキューが3600万で、スプリングシーズンⅡが2400万は出来に理由がありそうですね。

ブリランテとホマレボシのディープ種牡馬産駒の2頭も、種付け料のわりに高すぎです。

そして、もう見切りをつけられかけているハービンジャー、高齢のアドマイヤーサンデーの牡馬が4000万。
ハービンジャー産駒で4000万稼げる馬は何%でしょうか?

その他の面々も割安感のある募集馬は皆無ですね。

クルソラ・スプリングシーズンⅡが第一印象では候補という感じです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

2016  キャロットクラブ募集馬 価格発表 [キャロットクラブ2016募集]

 ついに待ちに待ったキャロットクラブの2016年の募集馬84頭(地方4頭)とその募集価格が発表されました。
キャロットゆかりの血統から活躍馬が多く出て、どれだけセレクトに行ってしまうか不安でしたが、募集馬の面々は、個人的には期待以上だったと思います。

細かい考察は2015年度同様、入厩厩舎とカタログ写真が来てからにしようと思いますが、一言で表します。


高い、高すぎる・・・

会員の方々、ほとんどの皆さんが思われているのではないでしょうか、ここ数年の、そしてこの春~夏にかけてのキャロットクラブの大躍進、そして先日のセレクトセールの大盛況。
割高な募集価格は覚悟していましたが、それでも言わせていただきたい、この価格は高すぎです。

クラブはあまりの人気で、2015年度募集馬はほとんどが満口、×2でも出資の抽選に落ちるという事態も起こるに至って、本年度から口数制限なども設けられますが、果たしてこの募集価格でどれだけ売れるのでしょうか?

もし仮に満口続出となったら、もう異常な事態と言えると思います。
こんな価格でペイすることはまずできません。
もう、普通のサラリーマンが長く楽しむ趣味ではなくなってしまいます。

もうここで戦略をさらしてしまいますが、今年、前年落選実績のない自分は、一番人気の馬で×をとり、ディープ産駒に出資希望が集まっているスキに、募集頭数の多いハーツ・キンカメ・ダイワメジャー辺りの中で、あわよくば一般出資をと考えていました(安直すぎる考えではありますが)
しかし、この価格は一般サラリーマンがそんな軽い気持ちで出せる金額ではありません。
人気の血統には完全に去年の額に1000万乗せている感じですね・・・

気になる血統はもちろんたくさんいますが、今年は見送りの公算がだいぶ高くなりました。
今回の抽選会の様子を見て、もしこれでの出資が殺到するようなら、クラブからの撤退も本気で考える時期なのかなと思ってしまいます。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

 リーチザクラウン [種牡馬]

 2歳戦線も始まり、2か月強程経ちましたが、一部で話題になっています、リーチザクラウン産駒の大健闘。
日高のアロースタッドから、社台スタリオンへの異例の移動もあり、種牡馬界では話題になっていました。

2016年 8月14日時点で産駒達が5勝をあげ、勝利数でダイワメジャー、クロフネに次いで3位となっています。
出走頭数10頭での記録ですから、驚異的と言っていいでしょう(ダイワメジャーは32頭)

はたして、本物なのか、それとも夏の珍事なのか、競争時代を振り返りつつ、その種牡馬としての可能性を探りたいと思います。

リーチザクラウンは 父 スペシャルウィーク 母 クラウンピース 母父 シアトルスルー

自分は同馬の父、スペシャルウィークの大ファンでした。
そのため、同馬が2歳未勝利戦で、芝では滅多に出ない、大差での勝利を記録した時は、ついにスペシャルウィークから大物が誕生し、この馬がダービーを制覇して、後継種牡馬になってくれると、本気で考えていました。
見栄えのする青鹿毛の馬体でスター性も十分、しかし現役生活は、絵に書いたような波乱万丈でした。
きさらぎ賞制覇までは、まだクラシック王道のエリートコースでしたが、皐月賞惨敗、ダービーは2着。
菊花賞1番人気で5着、ダート挑戦し惨敗、マイルに活路を見出すも、1番人気での安田記念惨敗後は、スプリント戦出走までする迷走ぶりの末、ひっそりと引退となりました。

この馬とインティライミには、常に期待しては裏切られの繰り返しで、非常に思い出深い馬ではありましたが、正直引退後は乗馬だと思っており、今年に入って、新種牡馬に名前が載っていたときは密かに喜びました。

それだけにこの活躍には、嬉しさと同時に大きな驚きを持っています。
同馬の母系は、シアトルスルー・ミスタープロスペクター・セクレタリアトとバリバリの米スピード&パワー血統で、早熟性も強いです。
現役生活でも、抑えられないようなスピードで、逃げ・先行になる展開がほとんどでした。
また父スペシャルウィークは、その父サンデーサイレンス 母父マルゼンスキーですが、母系は日本古来の系統で、昨今の流行りの系統とは異なっており、例えばディープ産駒の牝馬との交配でサンデーサイレンスの3×3などを作った時に他の血が濃くなりすぎず、良いスピードの強化ができるかもしれません。
その分、気性面から、長い距離はお呼びでない感はありますが、今の日本の競馬体系の中では、大いに需要があると思います。

社台に移ったからといって、現在の牝馬取り合いの厳しい競争の中、結果を残すことは並大抵ではありませんが、グラスワンダー産駒のスクリーンヒーローの種牡馬としての活躍もありますし、是非スペシャルウィークの血を後世に残して欲しいと思います。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

 スピアザゴールド 今週末出走へ [現役愛馬]

 約2か月ぶりの更新となってしまいましたが、今週末27・28の新潟競馬、ダート1800mに出資馬スピアザゴールドが出走予定と、キャロット公式ページで発表がありました。

ダート変わりから、好走は続くものの、勝ちきれない同馬ですが、時期も八月下旬。
中央での出走のチャンスは、あと2回でしょうし、気性的に休み明けの方が良いと言われている同馬にとっては、ここが事実上の最後のチャンスと言ってもいいかもしれません。

前走からたっぷり感覚をとって調整し、鞍上も好相性の大野騎手を確保できそうなこの一戦で是が非でも決めてほしいところです。

ショウナンパンドラの半弟を2600万で一般枠で獲得できたと喜んだのが遠い昔に感じます(笑)
マリアライトの活躍で盛り上がる久保田厩舎の勢いに乗りたいところです。

自分は去年のパーフェクトビュー・ブランダルジャンで、非常に悔しい思いをしましたが、最後まで諦めない心で見守りたいと思います。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。