So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

 5 ラドラーダ 15 [キャロットクラブ2016募集]

父 キングカメハメハ 母ラドラーダ 母父シンボリクリスエス 1・30 生まれ 募集価格7000万 美穂藤沢厩舎
募集時データ  馬体重470 体高155 胸囲178.5 菅囲21

血統 4 父はリーディング不動の2位、キングカメハメハ。母はディープインパクトの姉で短距離で活躍したレディブロンドの貴重な血を引く、ラドラーダです。
ウインドインハーヘアにシーキングザゴールドで、スピードを強化したところに、シンボリクリスエスでパワーもといった配合の流れ、馬体詐欺には注意でしょう(笑)

母年齢・仔出し5 母9歳時と素晴らしい時、初仔のティソーナがすでにある程度結果を残している点もポイントが高いと思います。

コスパ 2 問題はここですね・・・高過ぎです。
もちろん、一流血統なのですが、冷静に考えて、母はシンボリクリスエスの一流半の短距離馬。
そこにキングカメハメハで7000万は?
ダイワメジャー産駒のティソーナが4000万だったことを考えれば、この高騰は異常です。そのティソーナも重賞を勝ったわけでもありませんし。

馬体 4 昨年の全兄同様、良い出来だと思います。
母父シンボリクリスエスなので注意は必要でしょうが、筋量豊富で非常にボリューム感があります。
距離はマイル前後でしょうが、それでも十分に魅力的です。

委託厩舎 5 日本を代表する名伯楽、藤沢先生です。クラシックを意識する方には評判は良くありませんが、自分はやはりいつかは預かっていただきたいという、憧れもあります(笑)

総合評価 20点

結論  見送り (当然欲しい馬ではあります)
今年も去年の全兄に負けない、良い出来だと思います。
問題は1にも2にも価格でしょう。昨年の全兄が6000万で、さすがに限界と思いましたが、まさか1000万上乗せしてくるとは・・・
血統背景の魅力はありますが、一流半の短距離馬にキングカメハメハで7000万はいくらなんでもボ〇過ぎでしょう。
この価格では最優先を使おうとは思えませんでした。
昨年が大抽選会だったにも関わらず、今年はさほどでもなかったのは、他の会員の方達も同じ思いだからだと思います。
会員数が増え、売り切れることが分かっていて強気に出ているのでしょうが、このままでは長く会員を続けていクラブだとは思えなくなってしまいます。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

 4 クリソプレーズ15 [キャロットクラブ2016募集]

父 ディープインパクト 母クリソプレーズ 母父エルコンドルパサー 2・10 生まれ 募集価格7000万 美穂久保田厩舎
募集時データ  馬体重410 体高157.5 胸囲176 菅囲20

血統 4 父はリーディングサイヤー、ディープインパクト。母は日本競馬史上に残るであろう名繁殖で、産駒実績は説明不要でしょう。
昨今のディープ産駒は、アメリカのやや一本調子のスピード血統との組み合わせで、活躍馬を出していますが、クリソプレーズは父がキングマンボとサドラーズウェルズの血を引くエルコンドルパサー、母系はネバーヴェンドにリボーと、スタミナ・底力ともにあふれる血統構成となっています。

母年齢・仔出し5 13歳時の産駒とやや高齢に入ってきてはいますが、これほどの産駒実績の母は日本競馬史上でも有数であり、敬意を表して、最高評価とします。
ゴールドアリュール・ディープインパクト・ゼンノロブロイと、違う父から活躍馬も出している点も、特出しています。

コスパ 3 6000万でしたら4でした(笑)
出来は良いと思いますし、ディープ産駒の高騰もわかりますが、やや高齢に入ってきた母で、牝馬で7000万となると・・・まあ、タイミング的にも、最高に高く売れるであろう時でしたし、仕方ないといった感じです。
未知数の母のディープ牝馬に5000万・6000万をつぎ込むよりは、自分ならこちらにいきたいです。

馬体 4 非常に良い出来だと思います。
ディープ産駒らしくキレそうな作りであり、なおかつ牝馬としては筋量も豊富に映ります。
マリアライトの募集時と写真を並べられたら、こちらを選んでいたと思います。

委託厩舎 4 スピアザゴールドでお世話になっている久保田先生です。
本馬の全姉マリアライトでG1初制覇も果たし、勢いに乗っています。全兄弟を成功させた実績があるというのは、大きなプラスファクターですね。

総合評価 20点

結論  見送り((これは欲しくなる馬ですね)
もちろん安くはありませんし、常識的に全姉程の活躍は難しいと言わざるをえません。
それでもこの血統でこの出来だったら、夢を見てしまいます。×実績があればいっていたかもしれません。
ディープ産駒は牝馬を狙う自分としては、もし今年勝負だったとしたら、ヒルダズパッションよりこちらだったでしょう。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

 2016キャロットクラブ 一次募集 応募結果 [キャロットクラブ2016募集]

 金曜にキャロットクラブの、本年度の募集結果が発表されました。

最優先 ヴィートマルシェ15 × 一般 マチカネチコウヨレ15 ×

ということで現時点での出資確定は0です。

×1を取れたのは予定通り。他に欲しいと思う募集馬は、一般では抽選になることなく落選になる馬ばかりで、最終的に確率は低そうですが、自身初めてダートに特化した印象の馬に申し込んだのですが、あえなく落選となりました。

母がやや高齢のゴールドアリュールの牡馬で2000万と、数年前なら1次では満口にならなかったと思いますが・・・
自分がクラブ史上、最も思い切った値段設定と思った、シンハリーズ15も、結局1次で満口となりましたし、キャロットクラブで欲しい馬に出資するのは本当に難しくなりました。
資金が豊富なら東京やシルクなどへの入会もあるでしょうが(40口クラブは論外ですw)自分には現実的ではなく、今後この状況が改善されることも考えにくく、悩みどころです。

もともと年に1、2頭、自分が納得できる馬に出資できればというスタンスですが、これでは年に1頭出資できませんからね・・・

1.5次は余程のことがなければいかないと思いますが、所有馬も3頭(うちサフィロスは骨折で長期休養、エリティエールはデビューが遅そうで)と少々寂しくなっており、思わず指が動くかもしれません。

自分はまだしも×2抽選でアヴェンチュラ15を落選した方など、察するにあまりありますね。
クラブの在り方が本格的に問われる時期にきていると思います。





nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

 3 イルーシヴウェーヴ 15 [キャロットクラブ2016募集]

父 ディープインパクト 母イルーシヴウェーヴ 母父イルーシヴシティ 1・20 生まれ 募集価格6000万 美穂堀厩舎
募集時データ  馬体重407 体高151 胸囲170.5 菅囲19.1

血統 4 父はリディングサイヤー、ディープインパクト。母はフランス1000ギニーの勝ち馬です。
母系を見ると母父はゴーンウエストに遡るアメリカスピード血統、祖母の方はスタミナ型のレインボークエストと、なかなか奥が深そうな感じです。

母年齢・仔出し 3 母9歳時と素晴らしい時、日本での産駒実績はまだ未知数ですが、大いに期待できそうです。

コスパ 3 まだ若く、大きな可能性を秘めている母です。しかし、日本での実績がまだ無く未知数なのも事実であり、割高感はありますね。

馬体 3 ディープ牝馬ということである程度は許容範囲ですが、1月生まれでこれでは、さすがに華奢ですね、管囲も少々不安。馬体自体はディープ産駒らしく、芝でキレそうですね。

委託厩舎 5 現在日本最高の厩舎と思います。
堀先生ということで文句なく最高評価です。

総合評価 18点

結論  見送り(資金があれば勝負してみたい魅力はあり)
大きな可能性を秘めていると思いますが、産駒実績など未知の要素も多く、見送りました。
個人的には、近年の欧州競馬のレベルから、フランス1000ギニーも、ネームバリュー程の価値があるかは、少々疑問があります。
血統的に魅力があり、日本で成功する可能性はあると思われるので、今後に注目の母だと思います。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

 2 ガヴィオラ 15 [キャロットクラブ2016募集]

父 ディープインパクト 母 ガヴィオラ 母父コジーン 4・30 生まれ 募集価格7000万 美穂田村厩舎
募集時データ  馬体重412 体高153 胸囲167.5 菅囲20.7

血統 4 父はリディングサイヤー、ディープインパクト。母はキャロットではお馴染みの、米芝G1勝ち馬ガヴィオラです。
母父コジーンは日本では知名度はそれ程高くありませんが、米芝チャンピオンであり、産駒成績も優秀。
皐月賞馬イスラボニータの母父でもあり、日本競馬への適正も決して低くありません。
母系は日本ではほとんど馴染みがありません。母父グリーンフォレストは日本ではタイキフォレストがいる程度です。

母年齢・仔出し 2 母18歳時の高齢出産、これまでの産駒実績も一流種牡馬を相手迎えながら、2勝、3勝がやっと。
一応重賞で掲示板に来ている産駒2頭に敬意を表しますが、限りなく1に近いです。

コスパ 1 これはどう考えても高すぎでしょう。
仮にセレクトセールに出ていた場合、この馬に7000万がつくとは思えません、さすがに会員の方達も同じ気持ちだったようで、一次募集では満口になりませんでしたね。

馬体 3 ディープらしく、瞬発力のありそうな馬体に見えますが、遅生まれとディープ産駒を考慮してもさすがに小さい・・・母の高齢の影響が感じられ、健康面に不安は残ります。

委託厩舎 3 今年はメジャーエンブレムで知名度も上がった田村先生。
リーディングの順位も含め、一流先生と呼ばれるためには、もうワンパンチ欲しいところです。

総合評価 13点

結論  見送り(今回の募集でもっとも割高感がある)
もちろん、本馬が活躍し、見返してくれる可能性はあるでしょう。
しかし、これまでの産駒実績でこの価格は、今回の募集で、最大の吹っ掛けでしょう。
常識的にmここで急に活躍馬が出る可能性は、低いと言わざるをえず、見送りです。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

1 ウルトラブレンド15 [キャロットクラブ2016募集]

父 ディープインパクト 母 ウルトラブレンド 母父リッチリーブレンディド 1・19 生まれ 募集価格1億 美穂手塚厩舎
募集時データ  馬体重438 体高155 胸囲175.0 菅囲20.5

血統 4 父はリディングサイヤー、ディープインパクト。母は北米で11勝をあげ、AWでG1勝ちもある馬ですが、勝ったレースのレベルはというと、若干疑問も残ります(BC等では力不足だった感もありますね)
母父リッチリーブレンディドは米でG3勝ち、一流とは言えない競走成績で、代表産駒は本馬の母ウルトラブレンドになります。
遡るとアフリートからミスプロへという血筋で、母方はダマスカスの名前があります、いかにもアメリカダート血統です。
アメリカでも、直系より母系によく見る血統だと思います。
この手のスピード血統にディープは相性が良いですが、アフリートというと、若干パンチ不足の感は否めないと思います。

母年齢・仔出し 4 母9歳時とすばらしい時。全姉が若干成長がゆっくりな感はありそうですが、現在2勝で、ゆくゆくはオープンクラスでもやれそうな雰囲気、これから期待の母だと思います。

コスパ 2 高いです。 もちろん良い出来だと思いますし、母からも可能性を感じますが、1億の募集となると・・・
とりあえず世界のどこでもG1馬の若い母でディープなら1億という感じですね、実際稼げるのはどれ程なのか?

馬体 4 ディープ産駒らしく小柄です。1月生まれですのでもう少し馬格は欲しいですが、特に問題は無いと思います。
バランスは良いと思いますが、カタログにもあるように、やや胴が詰まり気味でマイラー型に見えます、この辺が短距離~マイルが得意な手塚厩舎になった理由でしょうか?

委託厩舎 4 サフィロスでお世話になっている手塚先生。個人的に関東ではトップクラスに好感を持っている先生です。

総合評価 18点

結論  見送り(この価格に見合うとは思えません)
出来は良いと思いますし、順調にいけば勝ち上がってくるでしょう。
しかし、この価格でそれで満足できるわけはなく、母の潜在能力もそこまでの超大物を出すものとは思えません。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

 クリソライト 第一回コリアカップ制覇 [2016 競馬全般]

 11日に韓国ソウル競馬場ダート1800mで行われた、第一回コリアカップは、日本から遠征したクリソライトが圧勝。
2着にも日本のクリノスターオーが3着以下に大差をつけ、日本馬の力を示しました。
また、同日のコリアスプリントは日本からはグレープブランデーが3着、ミリオンヴォルツが5着でした。

注目すべきはこの記念すべき第一回開催で、カップは5000万、スプリントは3500万(ともに1着賞金)という破格の賞金設定をしてきたところに、韓国競馬会の本気度が伺えます。

冷静に見れば、今回のレースは日本の交流重賞G3程度のレベルだったと思います。
韓国最強と言われている今年の三冠馬が大きく離された4着ということで、日本とのレベルの差は歴然でした。

しかし、韓国にとって今年の結果は、丁度第一回ジャパンカップが行われた時の日本と被ると思います。
当時の芝中・長距離のトップである、ホウヨウボーイやモンテプリンスより、アメリカでG3クラスと言われていたメアジードーツの方が強く、レコードで勝たれてしまうという絶望的状況から、日本競馬は急速な発展をしました。
韓国競馬も今回の姿勢から、今後発展していく可能性は大いに感じられたと思います。

ちなみに今年の韓国3冠馬パワーブレイドの血統は、知らない名前が並んでいましたが、遡ると父系はストームキャット、母系はミスプロとアメリカダート血統。
韓国競馬は芝のレースは皆無のようで、まずはダートでの発展を目指していくようですね。

そうなると、今回強烈なパフォーマンスを見せたクリソライトは、韓国での種牡馬入りというのも、可能性を感じます。
サンデー系飽和の日本で、ゴールドアリュールの後継も、スマートファルコンやエスポワールシチーが座る日本より、イングランディーレらが活躍する韓国での方が需要は大きいと思います。

世界的に見ると、アメリカなどはある程度、リーディング上位種牡馬の系統の分散は見られますが、日本ではサンデー系(特にディープインパクト)欧州ではサドラー系(特にガリレオ)とかなりの血の偏りが見られ、お隣韓国で独自の血統が育てば、今後の競馬の世界全体にとっても良いことだと思います。
今後に期待したいと思います。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

 マカヒキ ニエル賞制覇 [2016 競馬全般]

 凱旋門賞の前哨戦、3歳牡馬によるニエル賞は、日本から遠征したダービー馬マカヒキが勝利しました。

各国の、その年のダービー馬の参戦も多い同レースとしては、お世辞にもレベルが高いとは言えない今年のメンバーでしたが、結果は首差の勝利。
落鉄があったとはいえ、日本ダービー馬としては物足りない結果ではありましたが、本番と同じコースで走って勝ったということは、非常に大きいと思います。

過去に凱旋門賞をぶっつけで好走した日本馬は皆無であり、99年に2着となったエルコンドルパサーも欧州初戦はイスパーン賞で2着に敗れています。
今回はあくまで前哨戦、本番でこの馬が能力を出し切ることが陣営の最大の目的です。

今年はシャンティー競馬場での開催となり、ロンシャンより硬く、瞬発力が活きるとされているこのコースは、日本馬に有利と言われています。

エルコンドルパサーの2着を観た時には、数年後には日本馬が凱旋門賞制覇と思いましたが、いつのまにか2016年。
ミーハーだとは分かっていても、ダビスタ世代の自分としては、凱旋門賞かキングジョージの日本馬による勝利が観たい!!
ドバイではダメなんです(笑)

今年の日本の夢を乗せて、是非マカヒキには本番、力を出し切ってほしいです。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

 スピアザゴールド初勝利!!! [現役愛馬]

 土曜中山3レース ダート1800m未勝利戦で、出資馬スピアザゴールドが7戦目にして、待望の初勝利をあげました。

デビュー戦は大敗も、その後ダートに変わって、2着2回3着3回。
善戦していれば、いつかは順番がと思っているうちに引退してしまった、昨年のブランダルジャン・パーフェクトビューの例もあり、もどかしい思いでいましたが、まさかの2年連続のスーパー未勝利戦でした(笑)

もう、この後はないという、独特の緊張感の中で行われるスーパー未勝利戦。ここでの勝利はまた格別でした。

自身の出資馬でも、2014年のサフィロス以来、約2年ぶりの、うれしいうれしい勝利です。
さすがにこの間、もう一口生活も潮時だろうかと、本気で悩んでいただけに、この勝利の味は一生忘れないと思います。

相手関係を判断し、うまいレース選択をしてくれた久保田先生、そして様々な声があった中、背水の陣で気迫の騎乗を見せてくれた大野騎手、本当にありがとうございました。

今後は休養し、年末辺りの復帰が有力と思います。
冷静に見れば、この相手関係で、このレースぶりですと、昇級戦でいきなり結果を出すのは厳しいでしょう。
各所でも言われていますが、デビュー戦は度外視し、もう一度芝のレースを試して欲しいと思います。
偉大な姉と比べてはいけませんが、この馬にもまだまだ可能性は秘められていると思います。
ネオユニヴァース産駒のパワーが活きる中山コースなら、いい試金石になるでしょう。

何はともあれ、まずはスピアザゴールドがレース後のケガがなく無事なことを願っています。
本当にありがとう!!

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

 キャロットクラブ 2016 出資検討 [キャロットクラブ2016募集]

 さて、早いもので、キャロットの2016募集の締め切りも明日となりました。
本日夕方の途中経過の最終報告では、既に前年比で81%の投票とのこと、去年もキャロットの会員数は増えたことが予想されるため、ここからまたかなり票は伸びそうですが、一応は大方の人気は分かって、×持でないと勝負にならない募集馬等も見えてきましたね。

ここまでの一番人気はヴィートマルシェ15。
貴重なキョウエイマーチ血統の母の久しぶりの産駒で、期待の新種牡馬ロードカナロア産駒ということもあり、予想はできましたが、ここまでとは・・・この馬の場合、サンデーの血が入っていないので、将来の母馬優先狙いの方も多そうです。

もう一方の期待の新種牡馬、オルフェーブル産駒も、マルティンスターク・クルソラとも大人気です。
その他ではディープ産駒達は順当な人気といったところ、一昨年一般でもいけたヒルダズパッションは、ジークカイザーの活躍により、1億2千万の高額にも関わらず、すでに812口です。

逆の意味での衝撃は、シンハリーズの15でしょう。277口と、×無しの最優先でいけてしまいそうです。
シンハライトの活躍はありましたが、いくら期待のオルフェーブルとはいえ、600万の種付け料の新種牡馬。
そして、募集時に400キロに満たない小柄な馬体ということで、いくら何でもボリ過ぎという、会員からのメッセージを感じますね、クラブには是非、来年以降の値付けに反映してもらいたいものです(笑)

そして、やや地味ながら狙い目と自分が思っていた、ラフィントレイル・マチカネチコウヨレ・フォルテピアノらは、一般ではなかなか難しい雰囲気です。
さすが皆さん、よく見ていらっしゃいます(笑)

全体の総括としては、ここ数年の中では、票の入り方は冷静な印象を受けます。
明らかに割高な馬が多くなりましたからね。
久しぶりに、かなりの売れ残りも出てくるのではないでしょうか。
クラブには結果を踏まえて、是非来年の適正な値付けを、お願いしたいものです。

自分は当初の予定通り、×をとるため、ヴィートマルシェに最優先でいくつもりです。
リッチダンサーが、最優先ならもしかしてしまいそうで迷っていますが、馬体は素晴らしいですが、芝での瞬発力と気性の不安はやはり大きく、晩成傾向の両親ということもあり、6000万の価格はやはり高い・・・
ステイゴールドのラストクロップは狙っていたスプリングシーズンⅡがキム〇ツ厩舎で、ご縁が無かったということで(笑)
ピューリティーに一般で一口行こうか・・・この後最後の考察をして決めたいと思います。

では、会員の皆様、よいご縁がありますように。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。