So-net無料ブログ作成
検索選択
キャロットクラブ2015年募集 ブログトップ
前の10件 | -

 キャロットクラブ2015年度募集馬、考察を終えて [キャロットクラブ2015年募集]

 ようやく、地方募集馬を除く、80頭の考察が終了しました。
ゴールデンウィーク前に終わらせることが出来て良かったです(笑)

さて、2016年4月18日現在、募集馬達は、75頭が満口となっています(2頭は残念ながら、引退となっています)恐るべき売れ方ですね・・・
思えばハープスターの活躍で火がついたように感じていますが、その後JRA馬主ランキングで、サンデーレーシングを上回り、1位を獲得するなどして、本当に巨大クラブになりましたね。

もっとも、今年の募集馬達が、皆この時期で満口になるに値する馬かは、会員の方々も素直に頷けはしないと思います。
特にここ数年のキャロットクラブ募集馬の価格設定は、高すぎると感じる馬も多く、それでも売れてしまう現状は、クラブと会員の健全な関係のバランスを崩す要因にもなると思います。

もちろん、ディープインパクトの種付け料高騰に見られるように、取り巻く環境もあるでしょう。
しかし、自分は社台グループ馬を主な募集馬とする他のクラブ、シルク・東京グリーン・G1)らに比べ、キャロットの募集馬に割高感を感じています。(サンデー・社台はそういった割安感は求められないのでしょう、除外します)

冷静な目で公平に客観的に見て、募集されるのにふさわしくない血統、高すぎる値付けの馬は残ってしまい、クラブ側もそういった馬達の募集は翌年以降考えるという、健全な流れが生まれて欲しいと思います。

もちろん、クラブ側も出来に自身のある馬は強気な値段設定もあって当然と思いますし(現にキャロットのそういう馬に活躍馬も多いです)バランスの問題です。
急激にクラブが大きくなった今、そのバランスが崩れてきていると感じ、書かせていただきました。

最後にPOG的にキャロット募集馬の中から10頭選んでみました。

シーザリオ14
ラドラーダ14
ジンジャーパンチ14 
トゥザヴィクトリー14
リッチダンサー14
ピューリティー14
シンハリーズ14
リリサイド14
ココシュニック14
ベネディーレ14

ここまで読んでいただいた方々、ありがとうございました。




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

 80 メジロシャレード 14 [キャロットクラブ2015年募集]

父 ジャングルポケット 母 メジロシャレード 母父マンハッタンカフェ 5・11 生まれ 募集価格3000万 栗東須貝厩舎
募集時データ 8・27 馬体重399 体高153 胸囲166 菅囲19.5

血統 3 父はトニービン最後の希望、ジャングルポケット、母は1勝馬ですが、重賞勝ちのショウナンラグーンを生んでいます。
母系は母父がマンハッタンカフェ、祖母が名牝メジロドーベルで、カタログの記載通り、長距離血統で固められています。
ジャングルポケットはジャガーメイルという好例はありますが、気性の激しい産駒も多く、そうなると距離が持つか微妙ですね・・・

母年齢・子出し 4 母7歳と素晴らしい時で、すでにシンボリクリスエス産駒との間に重賞勝ち馬を出しています。
今後も優秀な産駒の出る可能性を秘めた母ですね。

コスパ 2 魅力はある馬ですが、不安要素もたっぷりです。ジャングルポケット産駒も近年は活躍馬は目立たず、種付け料も下がっているはずで、小柄な出来からも、3000万はさすがに高過ぎでしょう。

馬体 3 ゆったりとしたつくりです。長距離狙いというのはあたったのではないでしょうか。
しかし、遅生まれとはいえ、牡馬でこのサイズは小さいですね。

委託厩舎 5 今や、関西屈指の名門ですね。ジャスタウェイ、ゴールドシップなど、実績は申し分ありません。

総合評価 17点

結論 見送り
母が若く仔出しの良いことと、厩舎で評価点が高くなりましたが、迷わず回避です(笑)
配合の狙いはわかりますが、現代日本競馬においては、まず1勝できるかが怪しいと思います。
もちろん勝ち上がれば先々が面白い馬だとは思いますが・・・

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

 79 ブルーメンブラット 14 [キャロットクラブ2015年募集]

父 エンパイアメーカー 母 ブルーメンブラット 母父アドマイヤベガ 2・26 生まれ 募集価格2800万 栗東石坂厩舎
募集時データ 8・27 馬体重466 体高154 胸囲178 菅囲19.2

血統 4 父は2015年アメリカ3冠馬の祖父、エンパイアメーカー、アメリカでもリーディング上位が狙えるのではないでしょうか?日本では輸入された産駒の数は少ないですが、優秀な成績を残しています。
とはいえ、やはり芝よりもダートを得意とする種牡馬ですので、アメリカ時代ほどのインパクトではありませんね。
母はマイルチャンピオンシップを勝った、ブルーメンブラット。そろそろ繁殖としても結果が欲しいところです。
母系は母の父が夭折したアドマイヤベガ、祖母はノーザンダンサー、サーゲイロードらの血を引いています。
ブルーメンブラットは紛れもなく名牝ですが、血統的には、それほど活躍馬を出している一族ではありません、現に自身も募集価格はキャロットで1800万でした。

母年齢・子出し 3 母11歳時とそろそろ結果も欲しい時期です。これまで目立った活躍馬が出ていませんが、シンボリクリスエス、チチカステナンゴらでの成績で、自分は相手種牡馬次第で、活躍馬が出せる母だと思っています。

コスパ 2 う~ん、ここまで結果が出ていない母なので、もう少し安く設定して欲しかったところです。
キャロット出身で非常に人気のある馬なので、この価格でも売れるとの判断でしょう。

馬体 4 丁度良いサイズと思います。スラッとした体型で、これは芝向きに見えますね。バランスも良く、瞬発力も発揮しそうに思います。

委託厩舎 5 日本を代表する先生の一人です、心配ないと思います。

総合評価 18点

結論 出資検討(見送り)
欲しい馬でしたが、一般では無理でしたね。
ここまで結果が出ていないブルーメンブラットですが、優秀な競争実績から、潜在能力は当然期待できると思います。
チチカステナンゴ産駒の半兄も勝ち上がっていることから、相手次第でまだまだいけると思います。
是非キングマンボの系統との配合を期待したいですね、どこかで出資したい母です。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

 78 セレブレイトコール 14 [キャロットクラブ2015年募集]

父 トーセンホマレボシ 母 セレブレイトコール 母父フレンチデピュティ 1・16 生まれ 募集価格1200万 栗東新規開業厩舎
募集時データ 8・27 馬体重454 体高155 胸囲175.5 菅囲19.4

血統 2 父は京都新聞杯を勝ち、ダービー3着のディープインパクト産駒、トーセンホマレボシ。母は未勝利です。
母系は、母父がディープインパクトと好相性で知られるフレンチデピュティ、祖母は米G1勝ち馬で、珍しい、ノーザンダンサーもミスタープロスペクターも無い、レイズアネイティブ系です。
正直父に関しては、種牡馬と乗馬のギリギリのラインだったと思え、競争実績は物足りず、母系も良血とはいえ、このレベルのディープ産駒はこれから続々種牡馬入りしてくることでしょう・・・

母年齢・子出し 2 母11歳時と良い時です。これまでの産駒は地方での勝ち上がりで、ちょっと物足りないですね、中央の芝で勝ち上がりはちょっと厳しいのではないかと思います。

コスパ 2 牝馬で1200万と安く設定されたいますが、父の種牡馬能力が未知数、また不安なことと、母の産駒成績からは・・・はっきり言えば、地方で800万募集でもおかしくなかったと思います。

馬体 3 牝馬としては、十分なサイズと思います、首が太く、全体的にパワーがありそうです。母父が強く出ているのでしょうか、これは芝ダートどちらにでるか、判断に迷います。

委託厩舎 2 新規開業厩舎とのこと、やはり寂しいですね、この馬でどこまでやれるかということでしょうか。

総合評価 11点

結論  見送り
厳しく言えば、キャロットで募集する血統レベルかは疑問です。数年前なら、地方募集だったと思います。
キャロット人気が高まり、このレベルでも売れるとの判断でしょうか?
トーセンホマレボシの種牡馬能力はもちろんまだ未知数のため、アドマイヤオーラの例のように、思わぬ成果を出す可能性もありますが、常識的にフジキセキやネオユニヴァースでこの成績の母から、それ以上の産駒が望める可能性は低いでしょう。
新種牡馬・目新しい種牡馬の子は歓迎するところですが、もう少し魅力的な血統を期待したかったです。
来年は、ローエングリンやスクリーンヒーロー、ブラックタイドあたりが募集されないものでしょうか(笑)

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

 77 メジロジョーンズ 14 [キャロットクラブ2015年募集]

父 タートルボウル 母 メジロジョーンズ 母父メジロライアン 5・14 生まれ 募集価格1600万 栗東清水厩舎
募集時データ 8・27 馬体重423 体高157 胸囲171 菅囲21.3

血統 3 父は欧州のマイル戦線で活躍し、G1を制しており、種牡馬としてもフランス2000ギニー馬を出しています。
母は名牝メジロドーベルの全妹で、3勝をあげています。
母系はメジロ牧場の伝統血統で、祖母メジロビューティーはパーソロンやネヴァービートなど、昭和の日本競馬でお馴染みだった血をひいています。

母年齢・仔出し 2 母15歳時と高齢に入っています。これまでの産駒は2勝が最高で、ここで大物というのは考えにくいというのが、正直な思いです。

コスパ 3 牡馬で1600万です。決して高いとは言いませんが、母のこれまでの実績と、未知数の父としては・・・

馬体 3 牡馬としては若干小柄ですが、体高があり、遅生まれということで、それなりに大きくなるとは思います。タートルボウルから、マイラー型の体系に出るかと思いましたが、写真ではそうでもないですね。
まだいかにも幼い体型で、判断がつきにくいです。

委託厩舎 3 キタサンブラック、トウケイヘイローとビッグネームを管理されている、清水先生です。
次はリーディング上位も期待したいところです。

総合評価 14点

結論  見送り
母がメジロドーベルの全妹ということですが、ドーベルも繁殖では苦戦しており、不安要素が大きいです。
父タートルボウルの能力も未知数で、自分は見送りとしました。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

 76 キャンパスライフ 14 [キャロットクラブ2015年募集]

父 ファルブラヴ 母 キャンパスライフ 母父デュランダル 3・26 生まれ 募集価格1400万 栗東高橋厩舎
募集時データ 8・27 馬体重444 体高151 胸囲178 菅囲21.7

血統 2 父はJC勝ち馬で、欧州の芝中距離戦線で大活躍しました。母は1勝馬です。
母系は、母父が短距離~マイルで大活躍したデュランダル、祖母はトニービン産駒で3勝をあげています。
曾祖母はG1勝ちのスリープレスナイトの母にあたります。

母年齢・仔出し 3 母7歳時と良い時ですね。勝ち上がり産駒は無く、まだ未知数。
これからの母です。

コスパ 3 牡馬で1400万は安いですね。しかし1勝馬で実績が無い母にファルブラヴでどこまでかは・・・

馬体 3 馬体サイズは丁度良いと思います。しかし、瞬発力には少し欠けそうな印象を受けます。
かといって、そこまで筋肉量が多いわけではなく、どうか・・・

委託厩舎 3 2014年開業で、まだまだ未知数です。これからに期待ですね。

総合評価 14点

結論  見送り
牡馬で1400万という値付けは魅力的で、出来も悪くないと思いますが、ファルブラヴ牡馬ということで、自分は撤退です。
母系もかなり遡らないと活躍馬がおらず、どこまでやれるかという感じです。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

 75 アビラ 14 [キャロットクラブ2015年募集]

父 ドリームジャーニー 母 アビラ 母父ロックオブジブラルタル 3・21 生まれ 募集価格2400万 栗東池江厩舎
募集時データ 8・27 馬体重472 体高155 胸囲177.5 菅囲20.2

血統 3 父はグランプリホースにして、3冠馬の全兄、ドリームジャーニー。母はイギリスからの輸入馬ですね。
母系は母父が世界的名マイラーロックオブジブラルタル。名種牡馬デインヒルの直子で、母父として、日本でもミッキーアイルが出ています。
祖母はフランス重賞勝ち馬で、凱旋門賞連覇のアレッジド産駒、リボー系に遡る血統です。

母年齢・仔出し 4 母10歳時と良い時、半兄にダート戦線で活躍中のジェベルムーサがおり、すでに結果を出している母です、本馬にも期待がかかります。

コスパ 3 牝馬で2400万。まだ種牡馬実績がこれからのドリームジャーニーですが、出来と母の産駒実績からは、適正と言っていいと思います。

馬体 4 良い馬体だと思います。牝馬ながら十分な馬格で、流線型で筋肉量十分と、自分が好きな体型です、ちょっと距離がどうかという雰囲気はありますが、母父の血でしょうか。

委託厩舎 4 オルフェーブルらを管理された、日本屈指の名門厩舎です。心配ないと思います。5でないのは、好みの問題です(笑)

総合評価 18点

結論  出資検討(見送り)
人気になり過ぎて、最優先でも厳しかったですね。非常に魅力のある馬だと思います。
ドリームジャーニーは父ステイゴールドより、気性が穏やかな産駒が多いようで、それが牝駒が人気になる要因でしょう。
走る要素は満載で、注目の1頭です。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

 74 メガクライト 14 [キャロットクラブ2015年募集]

父 ワークフォース 母 メガクライト 母父アグネスタキオン 3・27 生まれ 募集価格1400万 栗東新規開業厩舎
募集時データ 8・27 馬体重389 体高152.5 胸囲168.5 菅囲19

血統 2 父は新種牡馬でキングマンボとサドラーズウェルズの血を引く凱旋門賞馬、ワークフォース。母はダートで、3勝をあげました。
母系は祖母エラティスはエルグランセニョールとグロースタークからスタミナと底力を引き継いだ名繁殖で、産駒に重賞勝馬、アルナスラインがいます。

母年齢・仔出し 2 母11歳時の産駒。出資1号のコズミックライトは未勝利に終わり、血統表に名前もありません(泣)
産駒達は勝ち上がりが精いっぱいの状況で、常識的にここで急に活躍馬は期待しにくいでしょう。

コスパ 2 1400万でも高いと思います、産駒実績に乏しい母で、この出来では、割高感は否めません。

馬体 2 小さすぎですね、比較的大柄な産駒を出す父、見栄えの良い馬体の産駒を出す母の子でこのサイズは・・・
筋肉の発達も目立つ感じではなく、距離が持つようにも・・・

委託厩舎 2 新規開業厩舎とのこと、こういったことは、クラブの募集馬に対する期待も分かってしまうので、出来れば開業2年目からなどの内規を作っても良い気がします。

総合評価 10点

結論  見送り
自分の出資1号、コズミックライトの半妹ですが、母メガクライトのこれまでの産駒実績から、とても出資の判断は下せませんでした。
新規開業厩舎への委託というのも、さびしいですね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

 73 ラフィントレイル 14 [キャロットクラブ2015年募集]

父 ヴィクトワールピサ 母 ラフィントレイル 母父エルコンドルパサー 2・27 生まれ 募集価格1400万 栗東吉田厩舎
募集時データ 8・27 馬体重384 体高156 胸囲178 菅囲18.7

血統 3 父は新種牡馬ヴィクトワールピサ、母は未勝利馬です。
母系を見ると、母父は夭折したものの、非常に優秀な種牡馬成績を残したエルコンドルパサー、この馬はブルードメアサイアーとしても素晴らしいですね。キングマンボ、サドラーズウェルズと優秀な種牡馬の血が活きています。
また祖母は秋華賞馬で、ジャパンカップ2着の一流馬、ファビラスラフィンで、産駒には重賞勝ちのギュスターヴクライがいます。
父が新種牡馬で未知数なためやや評価を落としましたが、4に近いと思います。

母年齢・仔出し 4 母11歳時とまだまだ良い時、産駒はダイワメジャー、ネオユニヴァースと違う父からオープンクラスの活躍馬を出し、非常に優秀です。
ゼンノロブロイ産駒の出資馬ブランダルジャンは未勝利に終わりましが、今後も新たな代表産駒が十分に期待できる母だと思います。

コスパ 3 この優秀な母に期待の新種牡馬とあって、1400万と聞いた時は即出資のつもりでしたが、馬体が・・・
やはり、弱気な値付けには理由があるものですね。

馬体 2 う~ん、小さすぎでしょう。体高と胸囲があるので、まだ痩せているだけかもしれませんが・・・
そして、募集馬中一番の菅囲の細さ、さすがに不安です。
馬体のシルエットはとてもキレイだと思います、パワーは期待できないと思いますが、瞬発力がありそうで、距離もこなせそうなつくりです。

委託厩舎 3 キャロット所属のゴルトブリッツなどを管理され、リーディング上位実績もありますが、個人的には、委託されたクラブの素質馬の成績に物足りなさがあります。
堀厩舎に転厩したモーリスの快進撃も、ネガティブ材料です。

総合評価 15点

結論  見送り
自分はこの母を非常に高く評価しており、今後もう1頭、大物を出すのではないかと思っています。
出資していた半姉は残念ながら未勝利でクラブの手を離れてしまいましたが、能力は見せてくれ、本馬も募集が発表され、その価格をみた時は、ほぼ申込みのつもりでした。
しかし、牝馬とはいえ、細すぎる馬体がネックとなり、出資見送りとしました。
ケガが無ければ、間違いなく潜在能力はあると思われ、注目したいと思います。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

 72 カメリアローズ 14 [キャロットクラブ2015年募集]

父 ヴィクトワールピサ 母 カメリアローズ 母父ホワイトマズル 4・26 生まれ 募集価格2000万 栗東池添厩舎
募集時データ 8・27 馬体重447 体高154 胸囲173.5 菅囲20.3

血統 3 父は新種牡馬ヴィクトワールピサ、母は4勝をあげた活躍馬です。
母系を見ると、母父がダンシングブレーヴ産駒のイタリアダービー馬で、種牡馬としては快速馬を多く出しているホワイトマズル、また祖母の父は70年代に活躍した皐月賞馬キタノカチドキ。テスコボーイから繋がる、こちらもスピード血統です。

母年齢・仔出し 3 母14歳時と高齢に差し掛かっています、産駒実績はキャロット所属のダローネガがおり、期待できますね。

コスパ 3 父が新種牡馬ですが、ヴィクトワールピサなら、そう大外れは考えにくく、適正価格と言えると思います。

馬体 3 ダイワメジャー産駒の兄達と比べると、スラッとした印象です。
しかしバランス良く、キレイなシルエットだと思います、マイル~中距離でもいけそうです。

委託厩舎  2 新規開業の池添先生、この世代3頭目です。
しかし、このクラスの馬を最初から3頭・・・是が非でも結果が求められますね。

総合評価 14点

結論 出資検討(見送り)
ダローネガが活躍しており、魅力的な血統でしたが、母が高齢になりつつあることと、個人的にこの血統にはスピード血統が合いそうだと思っていること。兄に比べスピード面では劣りそうな印象があり、見送りとしました。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬
前の10件 | - キャロットクラブ2015年募集 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。